FC2ブログ

好きこそモノの上手なれ

ほぼ百合成分100%(リリカルな感じ)で構成されております。但し過度の期待は禁物です。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

今日は何の日? :: 2011/08/01(Mon)

081で「おぱい」の日らしいですよ(笑)。


まぁそれ、あんまり出てこないし、しかも小ネタだし。
最近は短いのばっかりで申し訳ないm(_ _)m。
なんだかね、忙しくてじっくり書き込めないのよね。


そんな今日も、設定も何も説明なしで行きます(笑)。

続きからどうぞ。







■   □   ■   □   ■   □


「う・・・ん?くる、しぃ・・・・」

胸に掛かる重みに若干の苦しさを覚えて目が覚めた。
身体を動かそうとして、その違和感が何で
あるのか理解して、ふっと笑みが零れる。


「なのは・・・・・」


フェイトは首だけを動かして自身の胸元を見る。
そこにはあったのは亜麻色の髪。そっと
指を通して髪を梳く。けれどもそれは
指に絡むより早く首元に抜けてしまった。



寝る時は不安だからと手を握って眠ったはず。
いつもと状況が違うせいか、比較的寝つきのいいはずの
なのはは昨夜はなかなか寝付けなかったようだ。
そんななのはから小さな寝息が聞こえ始めたのはベッドに
入ってから1時間後の事だった。

その後、フェイトも眠ったのだが、どうやらなのはは
その後一度目が覚めて、結局一番落ち着く場所として
フェイトの胸元を選んだのだろう。




(さすがに、この頃のなのはの髪じゃあね・・・)

そうポツリと呟いて今度はゆっくりとその頭を撫でた。
なのははまだくーくーと気持ち良さそうに眠っていた。


(今日は午前中はオフだから、もう少しこのままでいいかな)

自身の今日の勤務体制を思い、もう少しこのままなのはの
重みを感じていようとフェイトが決めたその時、胸元で
眠っていたなのはがモゾリと動いた。

「なのは?」
「ぅ・・ん?ふぇ、いとちゃん?・・・・」
「うん、おはよう。よく眠れた?」
「うん、・・・・ってあれっ?何で私フェイトちゃんの胸を
枕にしちゃってるの?」
「何でだろうね」

そう言ってくすくす笑っていたら、もうってなのはに睨まれた。
だけど、そんな可愛い顔で睨まれたって怖くないよ。
むしろ可愛さ倍増って感じかな。


「フェイトちゃん、今日は午後からだっけ?」
「うん、なのはは今日は休みだよね、」
「・・・不本意ながら・・・・」
「あはははは、さすがにその格好じゃね」

そう言ってなのはを抱きしめながら上半身を起こす。
それから自分の太腿の上にちょこんと座ったなのはを
ぎゅっと抱きしめた。

「なんかいけない事してる気もしなくはないけど」
「にゃはははは、そうだね」
「でも、こんな事二度とないだろうから」

なんていいながらもう一度小さな身体のなのはを抱きしめた。
くるしいよって言うなのはの抗議は聞こえない振りをした。




「それにしても、はやては24時間しか効果は続かないって
言ってたのに・・・ねっ、ここに座って?」
「そうだよね、何か他に原因があるのかな。うん?何するの?」
「う~ん、どうだろ。でもあのロストロギアは危険度は低いって
言ってたから、案外時間の方にも幾らかのロスタイムみたいな
ものもあるかもしれないよ。へへへ、いい事。」
「そうだといいけど・・・・」
「大丈夫だよ、きっと。よし、はい出来た。見てなのは可愛いよ?」

なのはを鏡の前に座らせて、今のこの状況を話し合いながら
手だけは器用に動かして、昔なのはがよくしていた
ツインテールを結った。

「・・・・フェイトちゃん、私で遊んでるでしょ?」
「えっ、そんな心外だな。可愛いなのはをもっと可愛く
したいだけだよ?だからこうやって・・・」
「それを遊んでるっていうの!!」
「ばれた?へへへ、だって9歳のなのは、可愛いんだもん。」
「もう、フェイトちゃんの、ばかっ」


真っ赤な顔をしてリビングへと走り去ってしまった
なのはを追いかけてフェイトは、怒った顔もかわいいなぁ
なんてニヤニヤとした顔を隠すことなくなのはを捕まえに
リビングへと向かうのだった。







なんかね、ロストロギアが暴走したらしいの。
それでね、なのはさんが何でかちっちゃくなっちゃった。
しかも身体だけ。でもね、欠陥品なロストロギア
なんで、効果は弱く持続性もないの。
だからもう暫くしたら、なのはさんニョキニョキって
おっきくなるんだよ(笑)。



スポンサーサイト

テーマ:魔法少女リリカルなのは - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 小ネタ
  2. | comment:0
<<お返事です | top | お返事と小ネタ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。