FC2ブログ

好きこそモノの上手なれ

ほぼ百合成分100%(リリカルな感じ)で構成されております。但し過度の期待は禁物です。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

最後です :: 2011/08/14(Sun)

我が家のお祭りにお付き合い頂いてありがとうございました。
これが最後です。

コミケ行って来ました?凄かったですか?

私は通販組なので、これから届くものを楽しみに待ちます。
会場限定モノだけが心残りなんですけどね(笑)。

それでは、本日最後は1本目の殺し屋フェイトちゃんの
その後です。


続きからどうぞ







■   □   ■   □   ■   □


そして、数年の歳月が過ぎた・・・・・






山を切り開いたようなただっ広い草原に、大の字になって
空を見上げながら寝転がる一人の女性。
傍らには茶色い毛並みの子犬が主人と同じように寝そべっていた。


見上げる蒼い空は雲ひとつなく何処までも澄んでいた。


「ねぇ、アルフ。私はあの空の向こうに行く事が
出来るかな?」
「くぅ~ん」
「ん?ああ・・・・はははは、別に飛んでいったりしないよ?。
ただ、ね。」


ただ、あの空の向こう・・・天国には謝りたい人たちが
いるんだ。許してはもらえないだろうけど。


「でも、私が行く所は、きっと別の所だから・・・・」


そう呟いて、アルフの頭を撫でた。











「ふぇいとさ~ん」
「ん?・・・キャロだ。」
「お客さまですよ~」
「・・・私に、お客?誰だろう・・・・。わかった。今行くよ~」


よいしょっと小さく声を出して立ち上がる。左手には杖が
握られていた。不自由な足を引きずりながら一歩一歩慎重に歩く。
その隣を心配そうな顔をしたアルフが寄り添って歩いていた。




「キャロ・・・戻ったよ。お客さんって?」

そう言ってさっき自分を呼んだキャロを探す。
と、背後でカチリと聞き覚えのある音が響いた。
次いで

「動かないで」

という声と共に、ゴツリと後頭部に銃口を突きつけられた。


















「・・・・・・よく、ここがわかったね。」
「・・・・・・・」
「いいよ、撃っても。君にはそうする権利がある。ただ、
そこにいる女の子と犬は助けてくれるかな?」
「フェイトさん!!」
「ワンワンワン!!ウゥゥゥゥゥゥゥゥ・・・・」
「ああ、キャロ。心配しなくても大丈夫だよ。直ぐに
終わるから。アルフも静かにしてて。」
「でも・・・・」
「大丈夫。ああ、そうだ。ココだと始末が大変だから表に出よう。
少し歩くと川が・・・・・・」


家の中だと、死体の始末に困るから外に出ようと
振り向こうとしたら、後ろから力いっぱい抱きつかれた。











「馬鹿!バカバカバカバカバカ・・・・フェイトちゃんのばか」
「・・・・・・」
「死んだんじゃないかって、心配だったんだからね。
勝手な事しないで。黙っていなくなったりしないで。」
「死にたかったら、いつか私が殺してあげる。だから
勝手に自分からいなくなったりしないで!フェイトちゃん!!」
「・・・・・・・まだ、そう呼んでくれるんだね。」
「・・・・ふぇぃとちゃん・・・」
「それに、まだ持ってたんだ。それ。」


と拳銃に向かって指をさす。
危ないよ?なんて、私が言うのは可笑しいかな。

「フェイトちゃん、足・・・・」
「ん?ああ、これ・・・・・まぁ、仕方ないよね」


自業自得だから、そう言って笑ったらまた、バカッて
泣き笑いの顔で言われた。



もう二度と会う事はないと思っていた。
私は、このままここでたった一人でいつか生を終えるのだと
考えていた。
そして、それでもいいと思っていた。

だけど・・・・・・


「フェイトちゃん。」


キミにそう呼ばれると生きていて良かったって思えるんだ。
ねぇ、キミが私の名を呼んでくれるのなら、私もキミの名を
呼んでもいいかな・・・・・。


いつか、この命キミにあげるよ。
だから、いつかのその時まで、キミの名を呼び続ける事を
許して欲しい。




・ ・・・・・・なのは。



もう一度私を見つけてくれて・・・・・ありがとう。












長々とお付き合いありがとうございました。

さて、これでストックなくなっちゃったけど
どうすんべ( ;^^)ヘ..。





スポンサーサイト

テーマ:魔法少女リリカルなのは - ジャンル:アニメ・コミック

  1. リリカル パラレル
  2. | comment:0
<<予定通り | top | お昼何食べました?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。