好きこそモノの上手なれ

ほぼ百合成分100%(リリカルな感じ)で構成されております。但し過度の期待は禁物です。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

お返事と妄想の垂れ流し(笑) :: 2011/09/26(Mon)

今週はどうやら忙しいらしい( ;^^)ヘ..。
今日はパソコンに向かえなかったよ(T-T)。

妄想は頭の中に。しかも部分的にとかね(-_-;)。
こういうのはもう文章に出来なくなっちゃうんだよね。

あーー。マルチタスクが欲しい(笑)

彼岸明けだなぁって思ったわけですよ。
そしたらね、こう・・・・・。
フェイトそんがアルトセイムの片隅にある
小さな霊園にいてね。墓石も墓標も何もないんだけど、
小さな白い花が沢山咲いている場所で、静かに
空を見ながらそこにいるの。
きっとプレシアとかアリシアとかリニスとか、
みんなに自分の近況を報告したりとかね。
ミッドにはないお彼岸の風習もなのはに聞いたんだよ
とかなんとか。

静かで穏やかな時間が流れていて、ここに今だけ
テスタロッサの家族が揃った。みたいなね。

そんな妄想・・・・てへ(*^-^*)。

続きにそんな妄想のその後とお返事。






> 夏揮 様

オオーw(*゜д゜*)w、行けるかもしれないんですね。リリマジ。
言ったら是非、私の分も皆さんと握手してきてください。←(。´-ω・)ン?

基本私はとらさんと仲良くなる時期なんです(笑)。
これからは要チェックです。

喧嘩・・・・ああ、そうですよね。私も思ったんですけど
戦闘シーンもどきになりそうで無理でした(^^;ゞ。
でもぶたいちょはきっとそんな感じだと思います(笑)
それか


H「あー、なんや季節外れの花火もいいもんやねぇ」
S「は、はやてちゃん!?。」
H「見てみ、桜色と金色のでっかい光がぶつかって・・・・・」
Y「はやて!!」
H「おーー、はじけてパチパチぃ、言うとるよ。(´□`ヽ。)」
S「はやてちゃん。もう、私達じゃ無理~。お願い、戻ってきてぇ」
Y「はやて、現実から逃げるな!!原因は君にもあるんだぞ!!」
H「アカン、無理や。こんなん、誰にも止められるわけ・・・あらへん」
。゚(*゚´Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д`゚*)ノ゚。゚ヽ(*゚´Д`゚)ノ゚。ゥェエエエエェェ


シャマルさんとユーノ君は力を使い果たして要救助者扱いで。
現実逃避してたはやてちゃんと、なのふぇの2人はクロノ君から
キツイお説教を貰ったと思います(笑)。




> ふうか 様

やっほぃ。わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪
持ってって、持ってって~。
書いちゃって、書いちゃって~。

ちくしょ、嬉しいじゃねぇかwwww。













妄想の続き




その後お家に帰ってきたフェイトそんを、なのはさんとヴィヴィオが
おかえりって迎えてくれるんだよ。楽しいお話一杯出来た?
とか聞いたりしてね。

なのはの事もヴィヴィオの事も沢山話してきたよ。
今度は3人で来るからねって、言ってきたから
お休みを合わせて一緒に行こうね。とかなんとか。

その後は3人で夕飯食べて、お風呂に一緒に入って
少しテレビとか見て、3人でまったりお話しするの。
もう遅いから、ここまでだよってヴィヴィオが
先におやすみなさいをして、なのはさんは
やっとフェイトちゃんを独り占めできるねって
寄り添うの。

いなくなってしまった人には勝てないなぁって思ってて。
けれど勝ちたいと思っているわけでもなくて。
ただ、私だってフェイトちゃんの事凄く凄く愛してますって
テスタロッサの家族に惚気たいんだよって。

そんな事をフェイトそんと2人でお話しするの。



「ねぇ、フェイトちゃん」
「ん?」
「愛してるよ」
「ん、ありがとう。私もね、愛してるよ・・・・・」






ちゃんちゃん(笑)

スポンサーサイト
  1. 拍手お返事
  2. | comment:0
<<だからね?・・・・・ | top | お返事ぃ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。