好きこそモノの上手なれ

ほぼ百合成分100%(リリカルな感じ)で構成されております。但し過度の期待は禁物です。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

真剣勝負 :: 2011/02/11(Fri)


良くある親子の風景・・・・

ヤマもオチもないですけどね(笑)









「じゃあ、はい、フェイトちゃんどれにする」


「う~ん、これだな・・・・っと揃った。
次はヴィヴィオどうぞ」


と差し出したのは、地球ではよく目にするカード。


「えっとね・・・じゃあ、これにする」

ひょいとフェイトから抜き取ったカードはハートのA

「あっ、あった」
一組出来上がったペアのカードを場に捨てながらヴィヴィオが
はしゃぐ。


「じゃあ次、なのはママ。一枚とって」

「うーん、どれにしようかな・・・」
と抜いた1枚は残念ながらペアにはならず、
残念とペロッと舌を出して、またフェイトへ差し出す。


右か左か真ん中か・・・・暫く悩んで、勢いよく

「えいっ」

と引いたカードは「ジョーカー」。
なのはは僅かに顔を伏せてふっとほくそ笑んだ。
思わずやられたとは思ったけれども、そこはエリート執務官。
表情には出さず、すっと1枚を手札に加える。

「じゃあ、はい」
どうぞとヴィヴィオに差し出したカード。

(ヴィヴィオがジョーカーを抜いたら泣いちゃうかな)
(ううん、勝負は勝負。そんな事じゃヴィヴィオは挫けないよね)
(ああーーでもやっぱり、負けるのは可愛そうだよね)

とか色々心の中で葛藤中のフェイト。既にヴィヴィオが
1枚抜いた事にも気が付かず、

「フェイトママ、もう抜いちゃったよ」

「えっ!あっ、えっと・・・・へへへへ」

と笑ってごまかす。




そして更に一巡し局面はフェイトとヴィヴィオの一騎打ち。
いまだにフェイトの手にはジョーカーが残ったまま。
どちらのカードがジョーカーか悟らせまいとポーカーフェイスを
崩さないフェイト。その隣では、一足早くあがったなのはが
ヴィヴィオに声をかける。


ううう、と唸りながら、これだと一枚勢いよく引き抜く。
次の瞬間、やったーと言う一際大きな声が部屋中に
響きわたった。










「寝ちゃったね」

はしゃぎすぎて、コタツに入ったまま眠ってしまった
ヴィヴィオ。そのホッペをぷにぷにと突きながら
なのははフェイトに向かって苦笑う。
それを見てフェイトは負けてあげた訳じゃないよと
目で訴えながら首を横に振る。
それに微笑んでなのははフェイトに口を開く。

「フェイトちゃん、ヴィヴィオに甘すぎ」

「えっ!?、そんな事ないよ。さっきも真剣勝負だよ」

心外だとばかり抗議をするフェイトだったのだか、次いで
告げられた事実にガックリと肩を落とす。

「でもね、フェイトちゃん。ジョーカーがきてから
ずっとそれだけしか見てなかったでしょ」

もう、だめだなぁとなのはは呆れ顔。
ヴィヴィオも実は知ってたんだよねぇ。
なんて追い討ちをかける。

「ぅ~~~~~」
耳まで真っ赤にしながら、コタツに額をぐりぐりと
擦り付け次は絶対に負けないからと心に誓うフェイトだった。

スポンサーサイト

テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 小ネタ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<社長と秘書7 | top | 拍手お返事>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shufusunny.blog92.fc2.com/tb.php/41-8f13a666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。