好きこそモノの上手なれ

ほぼ百合成分100%(リリカルな感じ)で構成されております。但し過度の期待は禁物です。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

1日遅れのバレンタイン :: 2012/02/15(Wed)

ごめんなさい。まだ引っ張ってます(^^;ゞ。
なんか朝一で浮かんだものをちょっと
書いちゃいました。小ネタですけど。
パラレルですね。


次回からは「想い~」を再開しますね









■   □   ■   □   ■   □


「何で泣きながらチョコ食べてるの?」
「・・・・昨日、渡せなかったから」

あなたに。という言葉は飲み込んだ。

「ふーん」

聞いておきながら全く興味がないとでもいいだけな相槌。よいしょなんて勝手に私の隣に、いい?とも聞かずに腰を下ろす。最も、この人が私に遠慮する事などこれまで1度だってあった試しはないのだけれど。

「で?」
「は?」
「だから・・・」

何が「だから」なのだろうか?この人の主語のない問いかけは分かりづらくて仕方ない。私からの答えがない事に少し眉をしかめて、わからないの?と苛立ちを隠そうともせずこちらを睨む。いや、普通「で?」や「だから」だけでは会話は成り立たないと思うのだけれど。

もう面倒くさいなぁ、なんてしかめっ面をしながら頭を掻くフェイト先輩。なら放っておいて下さいと一言冷たく言ってやった。正直昨日は会いたかったけれど、今日は・・・・会いたくはなかった。

「全く素直じゃないんだから」
「先輩には言われたくありません」
「はは、だろうね」
「もう、なんなんですか?用がないなら帰ったらいいじゃないですか?大体3年生は自由登校ですよね?なんでわざわざ」
「昨日貰えなかったからさ・・・」
「は?」

相変わらず主語はない。

「昨日、1日待ってたのにさ。放課後になっても来る気配はないし。何だか待ってるのが馬鹿らしくて教室に行ったら、風邪で休んだって言うじゃないか」
「え?私?」
「だから、わざわざ今日こうして来て見たら、チョコ食べながら泣いてるし。てっきり私にくれるもんだって思ってたんだけど、もしかして違う人にあげる予定だったのかなとか考えたら、意地悪の一つもしたくなるじゃないか」

何か間違ってる?ってそんな・・・・だって・・・・

「・・・・私、もうフェイト先輩に会えなくなると思ったら黙っているのが耐えられなくなって・・・・。チョコ渡してちゃんと気持ち伝えようって決めたのに。けど・・・・肝心な日に風邪ひいちゃって、うごけ・・・なくて。頑張って作った・・・のに。勇気を出して決心したのに、会えなくて。だから・・・わたし・・・・」
「ばかだなぁ。なのはは」

って優しく先輩に抱きしめられた。

「どうせ、馬鹿です」
「でもそこが可愛いんだよね」
「っ!可愛くなんてないです」
「可愛いよ。なのはは」
「先輩は・・・・綺麗です」
「はは、ありがと。ね、そのチョコ私が食べてもいいんだよね?」
「あ、でも私の食べかけ・・・・」
「だから良いんじゃないか」
「へ?」
「ん、なのはと間接キス。ご馳走様」
「な、ばかっ!先輩のスケベ!」
「スケベは言いすぎ・・・でもないか、なのは」
「はぃ、んぅ?・・・んんっ!!」
「ん・・・あまっ・・・で、ちょっと涙の味がしたね」

あははって笑う先輩が、いつも以上に眩しく見えた。
今日は1日遅れの私達だけのバレンタインデー。




スポンサーサイト

テーマ:魔法少女リリカルなのは - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 小ネタ
  2. | comment:0
<<お返事ですよ | top | お返事です>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。