好きこそモノの上手なれ

ほぼ百合成分100%(リリカルな感じ)で構成されております。但し過度の期待は禁物です。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

今日も今日とてコネタですw :: 2013/03/05(Tue)

今日の設定


2人とも25歳位。フェイト→←なのは
OLさんです。





■  □  ■  □  ■  □



空港にて







小学校から一緒だった親友が、今日単身で海外へと旅立つ。まさか、こんな風に離れ離れになってしまう日がくるなんて思ってもいなかったから、正直私は焦っていた。





私の気持ちが友愛から恋愛に変わったのはいつだったのだろう。


目を閉じて記憶を過去に遡らせれば、それは思った程難しい作業では無かった事に、呆れてしまう。全く・・・とっくの昔に気が付いていたくせに、嫌われるのが怖くて口に出さずにいた自分を殴ってやりたい気分だ。


だけど、と思う。


記憶を過去に遡らせれば遡るだけ、あなたももしかしたら私の事を?と思ってしまうような行動が度々私の脳裏を掠めていく。


あれは、いつだったっけ・・・・








「なのは?」
「っ・・フェイトちゃん。終わったの?」


更に記憶を辿ろうとしたその時、荷物を預けに行っていたフェイトちゃんが戻ってきてしまった。フェイトちゃんに気が付かれないように薄く息を吐く。今更、何を思い出したって、目の前のこの人は行ってしまうんだ。なら、叶いそうもない希望を胸に抱くのはやめよう・・・・そう思った時だった。



「ねぇ、なのは」
「何?」


あと少し歩けば、その背しか見る事が出来なくなるというそんな場所で、いつもと変わらぬ優しい声で私を呼ぶフェイトちゃん。


「ちゃんと、教えてよね?」
「ん?何を?」
「なのはが結婚する時。その時はちゃんと私お祝いに駆けつけるから」
「なっ!!」


しないよ、結婚なんて!そう言ってしまいそうになって慌てて口を噤む。



ばか・・・フェイトちゃんの、バカ・・・・



足を止めた私をその場に置き去りにしてエスカレーターに乗ったフェイトちゃんが振り向いて、でも・・・と小さく言葉を続けた。



「でも、もし・・・・・」
「え?何?・・・フェイトちゃん」


フェイトちゃんの声がちゃんと聞こえなくて駆け寄る私に


「5年」
「え?」
「もし、5年たってもなのはが一人だったら・・・・お嫁さんにしてあげても、いいよ」
「え?ちょっと、待って、フェイトちゃん!。それって・・・えぇ?!」
「じゃあね、なのは。行ってきます」


後ろ手に手をヒラヒラさせながら楽しそうに声を上げて笑う、してやったりなフェイトちゃんの後ろ姿に向かって、私は「待っててなんてあげないんだからね!!」なんて精一杯の意地を張ってみせた。






















機内の自分の座席に腰を落ち着けて、大きな溜息を一つ吐いた。


「言っちゃった」


余裕のある振りをしていたけれど、実は緊張で喉がカラカラだ。私は汗ばんだ掌を開いたり閉じたりしながら、たった今なのはに向かって口にした言葉を反芻してみる。



お嫁さんにしてあげる・・・・・




なのはの気持ちは随分前に気が付いていた。だけど、なのはの人生丸ごと守りきる自信の無かった私は親友だよね、何ていう都合のいい言葉で自分の気持ちをごまかし続けて来た。そんな時に舞い込んできた海外支社への出向の話。







結局、私は、ずるいんだ・・・。



なのはの気持ちを知っていて、それをなのは自身の枷にしようと考えた。誰にも取られたくないくせにはっきりと好きだと告げる事すらせずに。だけど待っていて欲しくて・・・・。







胸元で携帯が震えた。なのはからのメールだった。






バカ!!






いきなり視界に飛び込んできたその二文字に苦笑する。



「はははは、だよね。ごめん、なのは」


携帯に向かって頭を下げた。だけど、それで終わりかと思っていたメールにはまだ続きがあって、最後までスクロールした私は情けない事に涙が止まらなくなってしまったんだ。








ありがとう、なのは・・・行ってきます。









5年後、今よりもっと成長して帰ってくるよ。そしたらちゃんと言うから。





だから・・・・・。

















古いドラマにこんなベタなシーンって多くなかった?←





スポンサーサイト

テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 小ネタ
  2. | comment:0
<<お返事ですよ | top | お返事です>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。