好きこそモノの上手なれ

ほぼ百合成分100%(リリカルな感じ)で構成されております。但し過度の期待は禁物です。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

Happy Halloween #なのフェイ :: 2015/10/31(Sat)

珍しく重なった休日。久しぶりに地球で過ごす高町家ですよ。

尚、ヴィヴィオは出てきません(爆)







◇  ◆  ◇


「なのは、ヴィヴィオは?」
「あ、フェイトちゃん。おはよ」
「うん、おはよう、なのは」
「ヴィヴィオならお母さんとお出かけ中。ゆっくり休めた?」

時計を見ながらおかげ様でと、少しゆっくりし過ぎた時間に頬をかく。
昨日は遅くに合流したんだから、あまり早起きするようなら叱ってベッドに戻すつもりだったんだけど、と割と本気な様子のなのはに、本当は一度起きてたんだよ、とは言えなくなってしまった。

「二人は買い物?」
「ん。それもあるけど、今日は駅前でハロウィンのイベントがあるんだって」
「あ、そうなんだ」
「うん、その話をお母さんに聞いたら、行きたいって、ヴィヴィオが」
「そっか…なのはも一緒に出掛けても良かったのに」
「むぅっ…私はいいの。フェイトちゃんと一緒の方が」

話題を変えようとヴィヴィオと桃子さんの行先を尋ねたら、懐かしいイベントの名を伝えられた。そう言えばこっちに来る前にそんな話もしてたような気もするけど、任務後、直接こっちにやって来た事もあってその辺の情報の把握が追いつかなかったようだ。
私の言葉にちょっとむくれた(振りの)なのはに「私もなのはと一緒は嬉しいよ」とギュッと抱きつくと、改めておはようの挨拶をその頬に落とした。


「ところで、フェイトちゃん」
「ん?……あ、ちょっと、待って、なのは。それは、フェアじゃないよ」
「え?あー……もう、さすがに寝起きの人にそんな不意打ちはしないから」

なのはに仕切りなおされて、ハッとする。今日がハロウィンと言う事は当然あれもあるわけで。たった今起きてきた私に、お菓子の準備なんて到底無理な話。となると残された道は1つしかなくて……。なんてわたわたと手を振ったら、いくらなんでもそんな事はしないよ、となのはに呆れられてしまった。はやてちゃんじゃあるまいし、なんてポツリと零した言葉も、しっかり聞こえてるよ、なのは。今頃、ミッドで大きなくしゃみをしてるんじゃないかな、はやて……。

「そうじゃなくて、朝ごはん。どうするのかなって」
「ああ、そっちね……」

はははと思わず頬をかく。

「えっと、実はあまりお腹は空いてない、かな」
「そっか。あのね、フェイトちゃん」
「ん?」
「お母さんが、フェイトちゃんが起きたら一緒に食べなさい、って置いていったラスクがあるんだけど…」
「ラスク?」
「うん。お店用で作ったんだけど、型崩れしてて、出せなくなったものらしいの」
「へぇ。それ、食べちゃってもいいの?」
「もちろん」
「じゃあ、いただこうかな」
「了解。一緒にコーヒーも準備するね」

飲むでしょう?というなのはにもちろん、と返事を返して私はリビングのソファに腰を下ろした。



「美味しいね、これ」
「そう?…良かった」
「ん?」
「にゃはは、実はね……」

出されたラスクも残りわずかになった頃、気にするほど型崩れも起こしていないそれの美味しさをため息交じりになのはに伝えたら、ホッとして。照れた笑いを浮かべながら、本当は自分が作ったものなんだよ、と教えてくれた。

「最初から言ってくれればいいのに」
「だってそうすると、フェイトちゃんってば何でも美味しいって言いそうだし」
「そんな事ないよ」
「でもフェイトちゃんが美味しくないっていうトコ見た事ないんだもん」
「なのはの作ってくれるのは、どれもみんな美味しいもの」
「うう…それは、凄く嬉しい……んだけど、ね」

初めて作ったものだから、ちゃんと感想が聞きたかったって…、最初から言ってくれてもちゃんと感想言うのになぁ、なんて思ってみたり。まぁ、多少なのはに甘いのは認めるけどもね。

「でも、ほんと美味しかった」
「にゃはは。ありがと、フェイトちゃん。コーヒーお代わり、どう?」
「うん、貰おうかな…あ、でもその前に」
「ん?何?」
「えっとね……Trick so Treat…かな、なのは」
「え?えっと…それって」
「うん、なのはがお菓子くれたから、悪戯しようかなって」
「そういうの、ありなの?」
「うん、あり」
「ずるくない?」
「ずるくない」

ちょっと前にはやてから聞いていた言葉。使う事はないだろうなって思っていたんだけど、何となく思い出したから。

「美味しいラスクのお礼、かな」
「お礼が、悪戯なの?」
「そう、お礼が悪戯。なのははいや?」

少しずつなのはに顔を近づけて、こつんと額を合わせると、嫌じゃないよと小さな声が。
それに僅かに微笑んで、目の前の唇にとびっきりの悪戯(キス)をした。




スポンサーサイト
  1. リリカル 短編
  2. | comment:0
<<1日遅れてもいいふーふの日、って事で  #なのフェイ | top | 拍手お返事です>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。